英検ハイブリッドコース

2020年に向けた英語教育・大学入試改革に対応した英語コースです。

個別指導と、タブレットで学習システムを利用した英検対策授業を並行して受講するコースです。
個別指導では新指導要領の内容にあわせたテキストを利用して、指導内容の増加や移行期間での内容の変化に対応した指導を行います。
英検対策講座ではタブレット等を用いて、一人ひとりにあった目標級を設定して学びます。単語や文法、会話表現から、リスニング・面接対策まで対応が可能です。

2020年に向けて、学校での英語教育が変わります

東京オリンピックの開催など、加速するグローバル化に対応するために、英語教育・入試の大改革が行われています。
学校での教育内容を定める学習指導要領では、小学校での英語の扱いや時間数の変化、中学での学習内容や授業の進め方が大きく変わります。学習内容を前倒しし、中学・高校卒業時には今までより高い英語力が求められるようになります。

どのように取り組めば良いでしょう

早めに取り組んで英語に親しみながら、中学・高校での学習内容につながる単語や文法、表現を学ぶ必要があります。
これまでに英語に親しんだ経験等が一人ひとり違うため、個別指導での学習が有効です。
また、スモールステップで自分にあった目標を持って学習に取り組めることと、大学入試でも重視される見込みが高いことから、英検に向けた学習をおすすめします。タブレット等を利用することで、効率良く学ぶことができます。

並行して学ぶ『英検ハイブリッドコース』

個別指導

新しい指導要領で使われる教科書のレベルに合わせたテキストで、個別指導を行います。新しい教科書では600~700語の単語が扱われ、英語で自分や身の回りのことを説明するなど、まとまった表現も取り上げられます。
これまでの「英語に親しむ活動」とは違い「話す」「聞く」「書く」「読む」技能を小学生のうちから身につけることが求められますので、机に向かい手を動かして「書いてみる」文章の意味を「考えてみる」といった指導で、中学校で学ぶ内容につながる英語を身につけます。

英検対策

英検の出題範囲に合わせた単語の学習や、過去問や予想問題の演習などを、タブレットを利用して効率的に行います。学習の進捗状況などを講師が確認できますので、躓いているところのケアもできます。
目標を明確にして学習することができ、合格したときには達成感が得られます。(英検の申込み・受検も塾で可能です)
上位級は大学入試でも考慮されるようになる予定ですので、早いうちから取り組み得点源のストックを作っておくことで将来の志望校ランクUPも可能です。

「4技能評価時代」の英語力の伸ばし方

これまで、学校教育や高校・大学入試では、読む力・書く力を中心とした指導や評価がされてきました。
これからは聴く力・話す力が評価に加えられ、占める割合が大きくなっていくと思われます。
「これまで取り組みの少なかった『話す力』の強化が必要だから英会話の勉強をすれば良い」そうお考えかもしれません。
ですが、「話す力」は語彙や文法などの知識、読んだり書いたりすることで得られる文意の把握や表現の選択などと有機的につなげて学ぶことで伸ばすことができるのです。

コース・受講例・授業料

プロメイドコース受講の前後の時間を利用して受講することや、プロメイドコースと違う曜日に来塾して受講することができます。

受講例① 
【週2回でプロメイドコース(国語・算数)に加えて英検ハイブリッドコースを受講】

受講例② 
【週3回でプロメイドコース(国語・算数)に加えて英検ハイブリッドコースを受講】

授業料:
4週制¥8,000-/月(税別)
3週制¥6,000-/月(税別)
※プロメイドコース(週2回個別指導)にお通いの方
※英検ハイブリッドコースのみの方
3週制¥7,500-/月(税別)4週制¥10,000-/月(税別)

対象:小学校3~6年生
時間:個別指導45分+英検指導45分×週1回
学習システム利用料:¥1,000-/月(税別)

お問合せ・資料請求
無料電話相談