久保田学園グループ

神戸市の垂水・兵庫・鈴蘭台の個別指導塾 成績アップにとことんこだわる!

教室案内

兵庫中央教室からの新着情報・お知らせ

2021.2.3

まもなく私立受験だ!

皆さん、こんにちは。スリーアップ兵庫中央教室の黒崎です。

私立の高校受験まで残り1週間となりましたね。
志望校の赤本を購入し、過去問を解いている人が多いと思います。
しかし、過去問を解く以外の受験勉強の仕方が分からない方が多いのではないでしょうか。
5年分の過去問を解いたが、それだけで受験対策になっているのか心配ですよね。
そこで、大まかな受験対策を記載します。

①赤本の過去問を解く。
皆さんが実施していることですね。では、過去問を解く目的は何でしょうか。
それは、その学校の入試傾向を知ることです。
8割方の私立学校は入試傾向が殆ど変わりません。
そのため、頻出傾向が高い単元をチェックしましょう。

②採点後、合格基準点と比較する。
自分の立ち位置を確認し、合格基準点まで不足している点数を調べましょう。
どの問題を正解すれば、不足点数分を補えるか考える。
例:不足点数が10点であれば、どの問題を正解したら、10点を補えるかを考える。

③間違えた問題を確認し、過去問の問題番号の横にレ点を入れる。
5年分のデータを見て、自分がどの単元で点を落としてしまっているかを分析する。
分析の結果、自分が勉強しなくてはならない科目や単元が見えてくる。

④苦手単元の復習。
分析で分かった苦手単元を復習する。
可能であれば、間違えた問題の類似問題を探し、解答方法が定着するまで、演習する。
類似問題は全都道府県のまとめの問題集から探せば見つかります。

⑤過去問の2週目に入る。
苦手単元を克服できたのかを確認するために、間違えた過去問に再チャレンジする。
正解できていれば、不足点数分を補うことに繋がる。
ただ、繰り返して過去問を解いていても解答を覚えてしまうだけです。
類似問題に触れて、解答を忘れた時に2週目に入る方が効果が高いです。

もっと受験勉強の相談にのってほしいという方は画面の右側にある
『体験講座 申込はこちらから』をクリックして下さい!

一覧へ
ページのトップへ戻る
兵庫中央教室078-578-1543 鈴蘭台教室078-592-6085 垂水教室078-705-3760