久保田学園グループ

神戸市の垂水・兵庫・鈴蘭台の個別指導塾 成績アップにとことんこだわる!

採用情報

教室案内

兵庫中央教室からの新着情報・お知らせ

2022.8.1

中3生にとっての夏期講習

皆さん、こんにちは。スリーアップ兵庫中央教室の黒崎です。

前回は夏期講習の必要性を伝えました。
前回分はこちら(夏期講習の開始 | 兵庫中央教室 (3up-kobetsu.com)
今回はもっと限定的に中3の受験生に向けての内容を説明します。

さて、ここで問題です。
受験生はいつから受験を始めるべきでしょうか。
中学3年生になったときから?それとも、夏休みから?
答えは明確にはありません。敢えて言うならば受験は早ければ早いほど良いのです!

学習時間を沢山取るためには早くから受験対策を始めた方が有利です。
同じ久保田学園グループである「河合塾マナビス」でも、統計を取り数字が証明しています。
私の自作ですが、下のグラフを見てください。

大学受験を高校2年の夏から始めたAさんと、高校3年の春から始めたBさんがいました。
二人とも大学受験を始めた時は偏差値が40でしたが、季節毎に偏差値を5ずつ伸ばしていきました。
成績の伸び代はほとんど同じだったにも関わらず、最終的にはAさんは偏差値が60、Bさんは偏差値が50でした。
いかに早くから受験対策を始めた方が良いことが分かるグラフです。

高校受験では、夏休みから本格的に受験へ取り組みましょう。
2学期になってしまうと、数学であれば「2次関数」、理科であれば「天体」など、
入試で頻出する単元を学び、1~2年生の単元の復習をする時間が意外と取れません。

これまで学んだ単元の復習をする時間をまとまって取れるのは夏休みや冬休みしかないのです。
しかし、冬休みは入試直前、最後の追い込みです。
ならば、夏休みは学力の土台を完成しておかなければいけない時期です。

だからこそ、中3生は夏期講習を通して、夏休みに受験対策を頑張らなければなりません。
2学期から頑張れば良いと考えていたが、入試直前になって「もっと早くから受験対策をすべきだった」と
後悔している受験生を沢山見ています。

まだ夏期講習の募集はしているので、ぜひお問い合わせください。

 

一覧へ
ページのトップへ戻る
兵庫中央教室078-578-1543 鈴蘭台教室078-592-6085 垂水教室078-705-3760