教室ブログ

【スリーアップ鈴蘭台教室】With コロナの中で

  • 2020.5.23

県立学校、市立学校ともに6月からの学校登校の段階的再開が発表されましたね。

再開の報が入った時はちょうどオンラインでの自習室の開始時刻だったので生徒たちに学校再開のことを話すと、「やっと行ける」「もう休校にはうんざりしてた」「もうちょっと様子見てからでもいいんじゃないの?」「まだ不安やわ」と、喜びと不安の両方の声があがりました。

どちらの声、気持ちもとても分かります。

コロナという見えない敵が消え去ったわけではないので生活に制限のある中でどう日常を送るかが大切ではないでしょうか。

生徒たちも学校がなかったため時間はとてもありました。
「家で何してる?」と生徒によく聞くのですが、最初の頃は「ゲーム三昧!」「ごろごろしてる」といったある意味こどもらしい声がそこそこありましたが、GW明けくらいから「ゲームは飽きたからその時間近所を走ってる」「ほんまにすることないから勉強してるで」「今日はお昼ご飯作った!」と何かに取り組んでる声が徐々に増えてきたように感じます。
私も休日は本当にすることがないので本を読む時間を増やそうと週2冊くらいのペースで読んでいましたが、どや顔である生徒にこの話をすると、「私は2日に1冊のペースで読んでます」と返ってきました。
参りました、、、笑
今、この状況の中でも時間を有意義に使おうとするこどもたちを見ると私も刺激になります。

あ、勉強も頑張りますよ!
オンライン体制、引き続き実施中です!

お問い合わせ

お問合せ・資料請求
無料電話相談