教室ブログ

【兵庫中央教室】ラジオ体操のすすめ

  • 2018.7.17

教室責任者の和田です。

さて、来週から夏休みに入ります。
受験生はこの夏休みが大事だなんていうまでもありません。

他の学年もとても大事ですよ。この夏休みに何もしなかったら、確実に成績はドカンと下がります。
そしてそれを取り戻すのは非常に難しい。
「1日無駄にしたらそれを取り戻すのに3日かかる」なんてスポーツや音楽の世界で言われますが、
勉強もしかりですね。

先日中3を対象に受験生セミナーを実施しました。
その中で夏休みの過ごし方をかなり力入れてしゃべりましたので、その内容をこのブログでみなさんと共有させてください。

中3には毎日8時間勉強しなさい、夏休みで200時間以上勉強しなさいと言います。
1日8時間勉強しようと思ったら、午前にどれだけ勉強時間を稼げるかがポイントです。

昼まで寝て、4時くらいまでグダグダしたとしましょう。1日の残りはあと8時間です。
残りすべての時間を勉強にあててやっとクリアです。が、そんなことできるわけないので、日を跨ぎます。
寝る時間が遅くなり、また次の日も昼まで寝ます。
夕方までグダグダして、以降その繰り返し。
どこかで無理がでて、1日8時間の勉強は脆くも崩れ去ります。

では7時に起きてみましょう。
2時間くらいグダグダしても午前中に3時間勉強できます。
あと5時間すればノルマはクリアです。
そして1日はまだ12時間も残っています。もう行けたも同然ですね。

1日8時間勉強しようと思ったら、朝起きるしかありません。

夜型生活が受験にプラスに働くことはありませんよ。
夜型で受験に合格した人はいますが、夜型だから合格したわけではありません。

夜の10時から2時の間に成長ホルモンが分泌されますから、その間に睡眠しないと、記憶の定着が図れません。
女子でしたらお肌にも悪いです。

私の経験で恐縮ですが、朝型の生活を送るべく、毎日ラジオ体操に行きました。
そして手前味噌ですが、1日8時間以上の勉強時間を確保し、
それ相応の大学に合格することができました。

勉強のための早起きは、モチベーションの維持がなかなか難しいと思います。
そんなときは共にがんばろうと誓った友達と「ラジオ体操行こうぜ」と約束してはどうでしょう。
朝から友達と会えて楽しいですね。

この夏休み、なんとしてでも朝型の生活を送ってください。
夜型の生活をするなら今の時点で志望校を2つほど下げてください。

朝が勝負を決します。